車を下取りに出すことにしたのなら、損をしないためにもまずは前もって下取りの流れについて把握しておく必要があります。

そもそも下取りとはそのディーラーで新たに車を購入することを前提として今まで乗っていた車を適切な額で引き取ってもらうというもの。

つまり購入あっての下取りということですから、まずは新たに購入する車を決めることから始まります。この順番を間違えて先に下取りをお願いしたい旨を伝えてしまうと、「ここで車を購入します」と約束しているようなもので、ディーラー側からすればもう顧客を確保した気になってしまうわけです。

そうなると購入したいと思える車がなかった場合に「やっぱりやめる」とは言いだしにくくなってしまいます。従って、第一ステップは「購入したい車を探す・検討する」ことと覚えておきましょう。

もし無事に気に入った車が見つかったのであれば、ここで初めて下取り査定を依頼しましょう。

購入したい車が新車の場合、車両価格や諸経費は大体どこも同じなので、購入価格に違いが出るのはオプションや下取り価格です。

下取り査定で見積もり価格が提示されたなら、その価格を鵜呑みにせずにもっと高くならないか、交渉してみましょう。

ディーラーは利益確保のために本来より安い下取り価格を提示してくることがあるため、「他店ではこの価格で買い取ると言っているので少なくともこれより安くしてほしい」と交渉すれば応じてくれる可能性は十分にあります。

下取り価格と車の購入額に納得したなら、売買契約を結んで完了、新車を受け取って下取り車両を引き渡します。