車の下取りで損をしない方法を考えるにあたって、まずはそもそも下取りとは何か、買取りと比べてどのようなメリット・デメリットがあるのか考えてみましょう。

車の下取りとは?

車の下取りとは、ディーラーにて新しい車を購入することを前提にそれまで使用していた車を引き取ってもらうことで、ひどく破損した事故車などでない限りある程度の金額で「買って」もらうことができます。

その売却額はそのまま新しく購入する車の購入額から差し引かれる仕方で「支払われ」ます。

つまり新しく購入する車の代金は差額を支払うだけでよいということになるわけです。従って、そもそもそのディーラーで車を新しく購入する予定がなければ利用できないシステムと言えます。

車の買取とは何か?メリットとは?

一方、車の買取りは中古車買取業者などで車を売却することで、新しく車を購入するかしないかは関係ありません。従って車を売りたい時にいつでも利用できるのが、買取りのメリットと言えます。

また、買取りはその時のその車種のオークション相場が査定額にダイレクトに影響するため、人気車種であれば特に高額で買い取ってもらえる点もメリットです。

このため「できるだけ高く買い取ってほしいなら買取業者の方が良い」と言われているのですが、下取りでも結果的に高額で買い取ってもらえる場合があります。

というのも、前述の通り下取りの場合新規車の購入が前提となっているため、ディーラー側からすれば既に利益が保証されているようなもの。

そのため例えば高級車を新規購入する予定であれば、その分今の車の下取り価格も引き上げてくれるよう交渉する余地があるのです。

また車を引き取ってもらうための手間が少ないのも下取りのメリットとなります。

車の買取業者で働いた経験について

私は車の買取業者で働いた経験があります。しかし、仕事が大変すぎて退職経験があります。

繁忙期にもなると、ありえないほど忙しくて、ノルマがあるので1日に何台も見積もりを出しに行きます。

お客さんからは買取価格を上げられないか交渉されますし、本部は中々OKしませんのでその板挟み状態。おまけに上司はノルマ必達だと葉っぱをかけてきます。

その時は精神的にもボロボロだったこともあり、退職代行jobs(ジョブズ)という退職をサポートしてくれる会社に頼んでやめました。良かったと思っています。