車を下取り査定に出す前にできるだけ高額査定が付くよう車自体のコンディションを整えておくことが大切なのは当然のことなのですが、加えて例え全く同じ条件の車であってもこちらの交渉次第で下取り価格を上げることも可能です。

本気で売却したいことをアピール

まず、自分がどれだけ本気でその車を売却したいと考えているかをアピールしましょう。

中には「いずれ買い替えたいと思っているけれど今のところまだこの車に乗るつもりだ」という人がとりあえず査定額だけ知りたくて来店するということがあります。

しかしそのような人が実際に車を売却する時には現時点より走行距離が長くなり消耗度合いもより大きくなっているため、査定もそれを見越した額になってしまいます。

値段や条件の折り合いさえつけばすぐにでも売るつもりであるという姿勢を見せるようにしましょう。

大切に乗ってきた愛車であることをアピール

また「今まで大切に乗ってきた愛車であること」もアピールしましょう。

確かに査定士はプロですから検査すればある程度その車のコンディションが分かるものですが、エンジン内部や走行状態など見ただけでは分からない部分もあります。

しかし持ち主がその車を大切にしてきたのであれば恐らく良い状態を保ってきたのだろうと考えられますから、「信用貸し」の形で高額査定してくれる可能性があるのです。

また査定士も人間ですから、同じような車でも持ち主の感じが良いなら是非とも力になってあげたいと思うものです。

例え車のコンディション上どうしてもある程度までしか値がつけられないとしても、何らかのサービスを受けられるようにしたりと尽力してくれるでしょう。

ですから査定士との良い関係を持てるようにするのも大切なポイントとなります。