車の買い替えのためにディーラーで下取りしてもらった後に、もっと高値で買い取ってくれる業者が見つかったり友人や家族に車を譲ってほしいと頼まれたりして下取りをキャンセルしたくなることもあるかもしれません。

下取りとはその車の買取価格を新車の購入価格から差し引いてもらうということですから、下取りだけキャンセルするなんて可能なのかどうか、気になるところですよね。

まず結論から言うと、基本的には下取り後にキャンセルすることは可能です。殆どのディーラーでは下取りのキャンセルに関しても「キャンセルポリシー」という規定を定めているため、その規定内であれば無条件でキャンセルすることができます。

ディーラーもその道のプロですから、契約後に前述のような理由で下取りだけキャンセルしたくなったというようなケースも多々あることは重々承知の上。

ただし下取りを含めた内容で手続きを進めていますから、キャンセルしたいと思ったのならできるだけ早くその旨を伝える方が良いでしょう。

実際、既にその車両を引き渡してしまっている場合には既に直販に流れていたりオークションに出品されたりしていることもあり、そうなるともうキャンセルが利かない場合が殆どです。

またディーラーによっては下取り価格分を新車購入の頭金に乗せて支払ってほしいと相談される場合があります。

他店でもっと高額で買い取ってくれるのであれば問題ありませんが、友人や家族に譲る場合には頭金に上乗せするのが難しくなるかもしれません。

これはディーラーとの交渉次第ですが、どうしても難しい場合には下取りのキャンセルをあきらめるしかないかもしれません。