実際に購入する前に前もってかかる費用を概算するという意味では「見積もり」も「査定」も同じなのですが、「見積もり」がある程度掛かるであろう金額を予想するものであるのに対し、「査定」はしっかりとした調査を行って妥当な金額を決定するというものですから、「査定額」はより正確で後に変動しない金額と言えます。

車の査定の場合専門の査定士が時間を割いて車を点検し、専門知識に基づいてその価格を算出するものですから、車の買取りや下取りのために査定を依頼するだけでも「査定費用」がかかるのでは……と思っている人もいるようです。

まず結論から言うと、車買取のための査定であれば査定費用を請求されることはまずありません。

中古車買取専門店の中には「査定無料!」を掲げているところも多いですが、それもそのはず、買取り専門店は買い取って転売することで利益を得ていますから、査定から有料にしてしまうと顧客にとって来店のハードルをあげてしまい商売にならなくなってしまうからです。

一方、下取りの場合は稀に査定費用が請求されることがあるので注意が必要です。買取専門店とは異なり中古車の購入そのものはあまり利益に繋がらないため、前述の通り査定士への報酬分だけ費用が発生する可能性があるのです。

そのようなディーラーでは、新しい車の購入時に「下取り査定料」などといった項目で料金に上乗せされている場合が少なくありません。

従って、下取りの場合は「査定料」という予想外の出費が起きないように、予め査定に費用が掛かるかどうかを尋ねておくと良いでしょう。