車の購入に最もお勧めの時期とは?

下取り価格をできるだけ高額にする方法はいくつかありますが、いずれにしてもその車の年式や走行距離、消耗度などを変えることは不可能ですから、査定額を上げると言っても結局は微々たるもの。

一方、次に購入する車の価格は、購入時期によって大きく変わることがあるため、買換えのタイミングを考えるだけでかなりお得になる可能性があります。

車の購入に最もお勧めの時期とは、決算期間近である2~3月です。

ディーラーにも「1年間の売り上げ目標」があり、その決算期となるのは3月ですから、何とか目標を達成すべく2月頃から大幅な値下げを行ったり購入に付随するサービスを提供したりするのです。

同様に9月も中間決済月となるため、何とか9月中に少しでも多く契約を取ろうとセールに乗り出します。

とは言え年度末決算の方が重要度が高いため、2~3月ほどの大幅値引きにはならないかもしれません。

ディーラーの営業成績が関係する決算期を除くと、次にお勧めの購入時期は、一般的に消費者にとって車が購入しやすい時期、つまりはボーナスの時期です。

特に冬のボーナスと年末調整のダブル副収入が期待できる12月を過ぎると懐が温かくなっているため、1月から「新年大売り出し」としてセール価格を実施するディーラーも少なくありません。

更に言えば、同じ月でも月初めや半ばに比べて月末は値引き交渉しやすい時期といえます。

というのも、決算期と同じ原理で「月ごとの営業成績」を達成すべく何とかして契約に持ち込みたいと考える営業マンが多いからです。

ディーラーとしてキャンペーンを行っているわけでなくても、個人的にうまく交渉すれば値引きに応じてくれる可能性があるのです。

お腹の中の赤ちゃんが正常な状態で生まれてくるか不安に過ごす人は多いです。特に最近は、35歳すぎてからの出産が多くそのような妊婦さんは多くいます。

そこでNIPTという採血だけで胎児の状態が判定できる出生前診断を受ける方が増えています。東京・大阪など主要歳を中心にクリニックがあります。特に八重洲セムクリニックは、人気があります。

気になる方は、こちらのブログの口コミが参考になりそうです。

NIPT八重洲セムクリニックの出生前診断の口コミをピックアップ