車に関する知識の限られた一般人にとってみれば、プロの査定士によって算出された下取り査定額は覆しようのない適正価格で交渉の余地などないように感じるかもしれません。

しかし実際には、下取り査定額は交渉しやすい部分で、最初の提示額よりずっと高額にしてもらうことが可能です。

というのも、ディーラーが付ける査定額は日本自動車査定協会が定める基準に則ったもので、基本的に年式や走行距離、部品の消耗具合などに基づいて算出するだけで、その車の今現在の市場での需要や人気度などは殆ど考慮されません。

そのようにして下取りした車をオートオークションに出品して売却し利益を取り戻すというのがディーラーにおける中古車下取りシステムなのですが、実際にオークションに出してみると人気の高い車で下取り価格よりかなり高値で売れたというケースも珍しくありません。

これは何もディーラーが自社の利益のためにわざと低い査定価格を提示しているというわけではなく、あくまで損失を回避するための防衛手段。

というのも、ディーラーはオークション以外に中古車を売却するルートを持っていないため、もしオークションに出品した車が売れずに流れてしまうとそのまま損失となってしいます。

このリスクを回避するために、査定額は低めに見積もっていることが多いのです。

こういったことから、ディーラーの提示する下取り価格は見込み利益を大きく下回っていることが多く、交渉次第でもっと高値を付けてくれる可能性があるのです。